起業する際には税理士に相談しよう

現在会社員をされている方や自営業を営んでいる方の中には起業を考えている方もいるのではないでしょうか。起業をすることによって事業規模を向上させることができたり、社会的信用が向上するため、雇用しやすくなるなどのメリットがあります。会社設立をする際には様々な手続きが必要になるため、初めて起業をする方の多くはアドバイスをもらって手続きを円滑に進める方が多くなっています。ではどのような方にアドバイスをもらえばいいのでしょうか。

一般的には税理士になります。税理士では起業前や創業初期の段階においてもアドバイスをもらうことが可能です。ではどのようなアドバイスをしてくれるのでしょうか。例えば事業計画です。起業するためには事業計画を作成しなければなりません。税理士に相談をすることによって効率的に書類を作成することができます。

その他にも組織形態です。組織形態には様々なものがありますが、代表的なものは株式会社や合同会社になります。自分はどの組織形態に適しているのかなどを相談にのってもらうことができます。起業するためには起業資金が必要になるのが一般的になります。例えば事務所を借りるための初期費用や、机や椅子なども準備しなければならないので、家具や設備に初期費用がかかることもあります。初めて起業をする方はどのぐらいの費用がかかるのかを把握できない方もいるので、税理士は起業資金に関しての相談ものってもらうことができます。

参考HP|会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所

このように税理士を利用することによって多くのアドバイスを受けられますが、その他にも今回は創業の初期のアドバイスに関してや税理士の選び方について紹介します。