創業した後も税理士はアドバイスをしてくれる

起業をする段階でもわからない事が多い経営者はとても多くいますが、税務のことについて起業後も疑問点などが浮上することもあります。起業時も当然、税理士はアドバイスをしてくれますが、創業初期の段階でも相談にのってもらうことができます。

例えば経費についてです。事業の運営が安定して行えるようになってくると経費について考えるのが一般的になります。例えば経費には営業をするために必要な交通費や会議のプレゼンテーション資料にかかるインク料金や用紙などです。これらに関しては経費に計上できることは容易に理解できますが、その他にも計上できるものはとても多くあります。しかし、計上できないものもあるので、税理士に依頼をすることによって経費に計上できる範囲を教えてもらうことができるのです。

その他にも役員報酬のシミュレーションです。通常、会社には複数の役員が存在します。役員報酬には税金がかかりますが、税理士を利用することによって役員報酬にはどのぐらいの税金がかかるのかを教えてもらうことができます。税理士では役所に提出する種類なども作成してくれたり、指導をしてもらうことができます。指導をしてもらうことによって効率的に書類を作成してもらうことができたり、書類作成をお任せして通常業務に支障少なく会社を運営していくことができます。